FCバルセロナがプレミアリーグ/リーグ1でプレイする?

(火) 24 de 10 de 2017

ここ数日、カタル-ニャ州の独立運動に関し、バルサファン及びフットボール愛好家の間でも注目の的となっている。もし、カタル-ニャ州が独立し、新たな国として機能することが決定した場合、FCバルセロナ, RCDエスパニョール、ジローナFCはリ-ガ・エスパニョーラを脱退する可能性がある

リ-ガ・プリメーラ・ディビジョンにとってバルサが脱退することは大きな損失であり、世界的に最高レベルのクラシコも失う可能性がある。
 
リーグは、もはやレアルマドリードへのタイトルを争うことができるライバルを持たないため、リーグの国際競争力は落ち、FCバルセロナがカタロニアリーグに加入した場合に、FCバルセロナを完全に失うことになります。 それにより、両当事者は大きな被害を被るでしょう。 カタロニアの独立の可能性も有りうるスペイン情勢、今後の動きに注目したい。
 

スペイン・サッカー協会(RFEF)がスペイン・リーグでのFCバルセロナの登録継続を交渉しないことを決定した場合、クラブは、世界ランク2位のプレミアリーグリーグ・アンセリエAなどの他の欧州リーグでのFCバルセロナの登録交渉の可能性が高まります。  皆さまはFCバルセロナ対マンチェスター・ユナイテッド、FCバルセロナ対ミラノまたはFCバルセロナ対PSGのようなリーグ戦に出場できると想像できますか?
 

 一見したところ、現時点ではやや信じられないほど想像がつきにくい事ですが、バルサを動かすすべてのお金(テレビの権利の莫大な価格、直接的または間接的にビジネスを持つすべての企業又はクラブ)を失いかねないスペインは、大きな経済的損失と国家の威信を表していると言える。 だからこそ、FCバルセロナを組み込む際に他のリーグが持つ利益を疑う人は誰もいません。なぜなら、それは世界中の収入と威信の源泉なのです。
 
明白なことは、カタルーニャの今後の将来は、欧州サッカーの歴史の中で前後することです。