欧州サッカーにおけるVARのご紹介

(金) 5 de 5 de 2017

オランダ、フランス、ポルトガルの各国リーグが2018-19シーズンより公式戦でのVARシステムを導入します。

オランダリーグ・エールディヴィジはサッカー世界で非常に多くの議論を呼んでいる(VAR)ビデオアシスタント・レフェリ-を採用する初めてのリーグとなります。
 
プロジェクトマネージャのマイク・ファンデル・ロエスト氏は、オランダ連盟でのVARビデオ判定システムを、2018-19シーズンから導入すると発表致しました。
 
フランス・プロサッカーリーグ(Ligue1)も同システムに参加する意向を示し、5月下旬の1部リーグ昇格戦にて、このシステムの導入を承認しました。

ポルトガル・フットボール協会もそれに続き、ビデオ判定でのレフェリーシステムの導入を決定しました。ポルトガル・リーグで最初にこのシステムを導入して催される試合はエスタディオ・ナシオナル (リスボン)でのヴィトーリア・スポルト・クルーベ対ベンフィカとなる予定である。

このニュースから明らかなように、VARシステムはヨーロッパ全体での導入が現実となり、数年で普及して行くものとされています。それに従い、スペイン・サッカー連盟のアンヘル・マリア・ビジャール会長が述べているように、スペインでも同システムを導入するための準備を整えているとコメントしています。
 
これは幻のゴールやオフサイドなどの誤判定を避ける最善の方法であり、これらの問題を解決できる有効な手段となります。 このシステムでは、多くの論争を回避し、合法性により、より正しい判定が可能となります。